ローソファがあるじゃない。

ソファを背もたれにして、床に座っていることはありませんか?おしゃれな座り心地のいいソファなのに、床に座るのはなぜでしょう。やはり日本人は床に座ると落ち着くのかもしれません。でもそれだけではありません。座った時の目線が問題なのです。座面の高いソファだと天井が低く見え、部屋全体が狭く感じてしまうのです。圧迫感が床に座る原因の一つなのです。では狭いリビングや天井低い場合、ソファはあきらめた方がいいのでしょうか?いいえ、ソファの種類によってはより空間を広く感じることのできるものがあります。それはローソファです。座面が低い分目線が低くなり開放感があります。背もたれがあり、ゆったり座ることができるローソファは床にはないくつろぎを与えてくれます。床とソファのデメリットをうまくカバーしてくれる存在なのです。

ローソファにデメリットはあるの?

小さなお子さんやペットがいれば、段差が低いことは怪我のリスクも減り、メリットの一つです。特に冬はこたつを出す家庭も多いと思いますが、座面高20cmくらいのローソファであればこたつに入りながら座ることができます。和室にもあいますし、何と言ってもゆったりくつろげることが一番です。いいことづくめのローソファですがやはりデメリットもあります。まず、立ち上がりにくいことです。やはり座面が低いのでどうしても立ち上がるときに足腰に負担がかかります。お年寄りは注意が必要です。また床に近い分、ほこりやゴミもたまりやすいので衛生面にすこし気を配らなければいけません。しかしデメリット以上のメリットがあります。くつろげる癒しのローソファを手に入れましょう。

ローソファーとは、一般的なソファーよりも座面が低い位置にあるソファーのことを言います。 高さが無いので小さなお子さんが居る家庭でも安心して使う事が出来ます。