会場選びの自由度が高い

結婚式というと、多数の招待客を招いた豪勢なものをイメージするかもしれません。そのような結婚式があるのは事実ですが、その一方で小規模な結婚式も増えています。具体的には、新郎新婦のほかに両家の親族のみが出席するスタイルがめずらしくなくなっています。小規模な結婚式の最大のメリットといえるのは、会場の選択肢が豊富な点です。大規模な結婚式と同様にホテルが有力な選択肢になるのはもちろん、貸し切りで利用できる飲食店も選択肢に含まれます。場合によっては、新郎新婦の実家や地元の公民館などを会場にしても良いでしょう。招待客の人数が少ないほど柔軟に会場を選べるので、海外で結婚式を行いたい人にも向いているスタイルと言えます。

アットホームな演出もできる

小規模な結婚式は出席者が限られることから、その雰囲気は身内の食事会というべきものになるかもしれません。そのような場では、一般的な結婚式のような式次第はなく、ゆるやかな雰囲気で過ごすことも可能です。いわゆる余興や出し物はない、落ち着いた結婚式にすることもできますし、一般的な結婚式のように司会者を立てることもできるので、新郎新婦の好みや予算に合わせた演出ができます。食事の提供については、会場となるホテルや飲食店などと相談するのが無難です。出席者が少ないことを活かして、新郎新婦が手料理を振る舞うのもよいかもしれません。引き出物は、ホテルや結婚式の専用会場なら準備しやすいと言えますが、一般の飲食店などを利用した場合でも調達は可能です。

親族や親しい友人のみのアットホームな挙式をしたい、結婚式の準備に時間をかけたくないなどの願望を叶えてくれるのが、少人数結婚式です