部屋の相性と好みのスタイルでローソファを選ぶ

1日中仕事で忙しく立ち働いたり、長時間オフィスの椅子に釘付けになってパソコンとにらめっこした後は、疲れを受け止めてくれるソファに一気に脱力して倒れ込みたい気分になりますね。そんな時、座面の低いローソファほど快適な家具はなかなかないでしょう。体を沈ませて座ることで足のむくみが緩和され、更に背もたれに寄っかかれば1日の疲れが一気に癒されますね。

そんな快適なローソファは好みにより様々なスタイルが選べます。例えば形でいうとI字形とL字(コーナー)形があります。そして肘掛けがあるタイプと無いタイプ。更に座面高も床面に近いものと、クッションで15センチ前後あるものがあります。またパーツが分かれていて、前記の全てを1人分のスペースごとに自由に選んで組み合わせられるタイプもあります。

通販で購入するならとにかく具体的な情報をチェック

ローソファのメリットの1つは通常のソファよりも高さが無い為、部屋を圧迫しないことです。とはいえソファを壁から離して設置し、且つ「全身をローソファに投げ出して脱力したい」という方なら背もたれの高さが肩から頭の高さをカバーするサイズがいいでしょう。背もたれの高さの低いローソファを壁に付けて設置するなら壁が汚れないようにクッションなどを乗せて頭まですっかりもたれることができます。あとは空間を有効に使いながら色や素材が部屋にフィットする一品を見つけたいものですね。

冬はローソファに座りながら、こたつ風にアレンジしたローテーブルを使いたいなら座面高が低いものを選ぶといいでしょう。定期的に雰囲気を変えたいならパーツが組み合わせられるタイプを選んでおき、高さや形、カバーの色も変えれば部屋の雰囲気をすっかり変えることができます。

ダイニングにソファを置くと食事の後にそのままソファでゆっくりすることができるので、家族団欒を楽しんだり食後のコーヒーやお酒を飲んだりとリラックスして過ごすことができます。